ノカンゾウの花を紹介しています。

ノカンゾウの花を初めて見た日

ノカンゾウの花を初めて見たのは、2016年6月24日に、神奈川県川崎市中原区・江川せせらぎ遊歩道で見ることができた。

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花 2023年7月27日撮影)

ノカンゾウの名前の由来

ノカンゾウの名前の由来は、漢名の萱草(かんぞう)をそのまま音読みし、野山の多く咲くことから名付けられた。
花びらが赤みを帯びることが多いので、ベニカンゾウの別名がある。

ノカンゾウの花言葉

ノカンゾウの花言葉は、「悲しみを忘れる」・「愛の忘却」・「気品」・「宣告」

ノカンゾウの生えている場所

ノカンゾウの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい水路沿いに生えているのを確認することができた。

ノカンゾウに似た花

ニッコウキスゲとの違い

厄介なのが、同じ仲間のニッコウキスゲの花に似ていて、判別するのが少し難しい。

違いはまず生えている場所

  • ニッコウキスゲ 標高1000m以上の高原
  • ノカンゾウ 平地の日当たりのよい湿った場所

また花の色も違い

  • ニッコウキスゲ 黄色
  • ノカンゾウ オレンジ色

ニッコウキスゲの花(参考 ニッコウキスゲの花)

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花)

両者の違いは、生えている場所花の色を確認すれば、間違えることは無い。

ニッコウキスゲの記事はこちらからどうぞ

ハマカンゾウとの違い

厄介なのが、同じ仲間のハマカンゾウの花によく似ていて、判別するのが難しいと感じる。

違いはまず生えている場所

  • ハマカンゾウ 日当たりのよい海岸
  • ノカンゾウ 平地の日当たりのよい湿った場所

また葉っぱにも違いがあり

  • ハマカンゾウ 葉が厚く、光沢があり、冬でも枯れない
  • ノカンゾウ 葉が薄く、冬には枯れる

ハマカンゾウの葉(参考 ハマカンゾウの葉)

ハマカンゾウの花(参考 ハマカンゾウの花)

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花)

両者の違いは、生えている場所を確認すれば、判別するのは容易である。

ハマカンゾウの記事はこちらからどうぞ

ムサシノキスゲとの違い

厄介なのが、同じ仲間のムサシノキスゲの花に似ていて、判別は少し難しい。

1.生えている場所

  • ムサシノキスゲ 丘陵地
  • ノカンゾウ 平地の日当たりよい湿った場所

2.花の咲く時期

  • ムサシノキスゲ 4~5月
  • ノカンゾウ 7~8月

3.花の色の違い

  • ムサシノキスゲ 黄色
  • ノカンゾウ オレンジ色

ムサシノキスゲの花(参考 ムサシノキスゲの花)

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花)

両者の違いは、上記の3点を確認すれば、間違えることは無い。

ムサシノキスゲの記事はこちらからどうぞ


スポンサーリンク

ノカンゾウを見た経験談

2023年7月27日、コウホネの花を探しに、神奈川県海老名市・貫抜川用水路を訪れる。
水路沿いを歩いていると、オレンジ色のユリの花が目に飛び込む。
近づいてみると、花が一重咲きであることから、ノカンゾウの花であることがわかった。

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花 2023年7月27日撮影)

ノカンゾウの花を見ていると、鮮やかなオレンジ色の花は、真夏の季節にマッチしている
また花がオレンジ色であることから、目につきやすい花であることを感じた。
しかし、ノカンゾウの花はオレンジ色で目立っているにも関わらず、花に興味が無いと、スルーされてしまう。

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花 2023年7月27日撮影)

同じ仲間で平地に生えているヤブカンゾウの花によく似ているが、ヤブカンゾウの花は八重咲きなので、容易に判別できる。

ノカンゾウの花はちょうど見ごろであり、花の咲いている向きを考慮して撮影した。
しかし、自宅に帰宅して、被写体を調べると、ノカンゾウの葉っぱを撮影するのを忘れてしまう。
今後の宿題として、ノカンゾウの葉っぱを撮影することである。

ノカンゾウの花(ノカンゾウの花 2023年7月27日撮影)



ノカンゾウ(ユリ科 APG分類ではススキノキ科)花期7~8月
分布 本州・四国・九州・沖縄
湿り気のある場所を好むので、池や沼のほとり、溝の縁などに多い。
高さは70cmほどになり、茎の上部で2つに枝分かれして、10個前後の花を次から次へ咲かせる。
花びらは外側の花びら3枚と内側の花びら3枚からなるが、微妙な違いがあり、外側の花びらはやや幅が細く、縁は全縁。
内側の花びらは幅が広く、縁は波打つ。
(山渓フィールドブックス 夏の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村