イヌショウマの花を紹介しています。

イヌショウマの花を初めて見た日

イヌショウマの花を初めて見たのは、2021年10月4日で、場所は東京都八王子市の小山内裏公園で見ることができた。

イヌショウマの花(イヌショウマの花)

イヌショウマの名前の由来

イヌショウマの名前の由来は、サラシナショウマに似るが、利用価値が無いところから名付けられたとされている。
ちなみに植物名の頭にイヌキツネと表記されるものは、利用価値の無い場合によく使われる。

イヌショウマの花言葉

イヌショウマの花言葉は、「逃げる」・「控え目」・「自由」

イヌショウマの生えている場所

イヌショウマの生えている場所は、自分が見た限りでは、林の下に群生して生えているのを確認することができた。

サラシナショウマとの違い

厄介なのが、同じ仲間のサラシナショウマと花の付き方がかなり似ていて、判別するのに迷ってしまう。
違いはまず花の咲く時期で、これは自分の住んでいる多摩地域を基準にすると、サラシナショウマは10月下旬に花が咲くのに対して、イヌショウマは9月下旬から花が咲きだす。

次に花柄の有無にも違いがあり、サラシナショウマは花柄があるのに対して、イヌショウマは花柄が無い

さらに、花の太さにも違いがあり、サラシナショウマは花が太いのに対して、イヌショウマはサラシナショウマに比べて、花がかなり細い

サラシナショウマの花(参考 サラシナショウマの花)

イヌショウマの花(イヌショウマの花)

植物観察をしていて、両者を生で見れば、違いは雰囲気でわかるようになってくる。

イヌショウマを見た経験談

2021年10月初めに東京都八王子市の小山内裏公園のホームページを見ていたとき、イヌショウマの花が咲いたという情報が掲載されていた。
2021年10月4日、イヌショウマの花を目当てに小山内裏公園を訪れた。

小山内裏公園のホームページによれば、公園内の内裏池の東側に生えていると掲載されていたので、現地に向かう。
すると、白色の棒状の花がたくさん咲いているのが目に飛び込んできた。
近づいて見ると、イヌショウマの花が咲いているのを確認することができた。

イヌショウマの花(イヌショウマの花)

イヌショウマの花を初めて見たとき、サラシナショウマの花より、細いと感じた
また、花がどこかアイスキャンディーのように見えてしまうのは自分だけだろうか?と思ってしまう。

イヌショウマの花(イヌショウマの花)

イヌショウマの花は、内裏池の東側・青色の金網の内側に咲いていたが、金網から飛び出して、咲いている株もあった。

イヌショウマの花の群落(イヌショウマの花の群落)

イヌショウマの花がたくさん咲いていたので、被写体を選ぶのに迷うほどであった。
無事イヌショウマの花を撮影することができた。

イヌショウマの花(イヌショウマの花)

イヌショウマの葉(イヌショウマの葉)


スポンサーリンク

イヌショウマ(キンポウゲ科)花期8~10月
分布 本州(関東~近畿地方)
山地の林下に生えるが、湿り気のある場所を好むので沢沿いなどに多い。
花軸(かじく)から直に花が咲く。
ちなみに花軸とは、花をつける枝や茎をいう。
花びらはすぐに落ち、多数の雄しべが穂状に残る。
高さは70cmほどになり、大きな株では茎の上部で枝分かれする。
花は基部から上部へと咲き進む。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村