カントウヨメナの花ノコンギクやユウガギクとの違いを紹介しています。

カントウヨメナの花を初めて見た日

カントウヨメナの花を初めて見たのは、2016年10月29日に、千葉県山武市・成東食虫植物群落で見ることができた。

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花 2023年11月2日撮影)

カントウヨメナの名前の由来

カントウヨメナの名前の由来は、まず「ヨメナ」について、春の若葉のなかで最も美味しく、白色や淡い青紫色が優しく美しい植物であること、お嫁さんに食べさせる意味で名付けられた。

次に「カントウ」については、関東地方から東北地方に生育していることから。

カントウヨメナの花言葉

カントウヨメナの花言葉は、「健康的な美しさ」

カントウヨメナの生えている場所

カントウヨメナの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい道ばたの湿り気のある場所に、群生して生えているのを確認することができた。

カントウヨメナに似ている花

ノコンギクとの違い

厄介なのが、同じ仲間のノコンギクの花に似ていて、判別に迷ってしまう。

違いは葉っぱの感触

  • ノコンギク 葉っぱがざらつく
  • カントウヨメナ 葉っぱがざらつかない

ノコンギクの葉(参考 ノコンギクの葉)

カントウヨメナの葉(カントウヨメナの葉)

またも違い

  • ノコンギク シオン属
  • カントウヨメナ ヨメナ属

ノコンギクの花(参考 ノコンギクの花)

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花)

両者の違いは、葉っぱを触ってみて、ざらついているか確認すれば、間違えることは無い。

ノコンギクの記事はこちらからどうぞ

ユウガギクとの違い

厄介なのが、同じ仲間のユウガギクの花に似ていて、判別するのが難しい。

違いはまず葉っぱの厚さ
カントウヨメナの葉っぱより、ユウガギクの葉っぱのほうが薄い

次に舌状花(せつじょうか・花びら)の太さの違い
カントウヨメナより、ユウガギクのほうが細い。

ちなみに舌状花とは、キク科に見られる特徴で、花が左右相称につく、花の付き方をいう。

ユウガギクの花(参考 ユウガギクの花)

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花)

両者の違いは、現地で植物観察をこなさないと、パッと見て、判別するのは難しいと感じる。
ちなみに秋の野菊の判別は、専門家でも苦労してしまう

ユウガギクの記事はこちらからどうぞ

カントウヨメナを見た経験談

2023年11月2日、タンキリマメの実を探しに、神奈川県逗子市・逗子中学校前を通る。
タンキリマメの実を見つけることができず、目線を草むらに移すと、キクの花が目に飛び込む。
近づいてみると、花は淡い紫色で、葉っぱがざらついていないことから、カントウヨメナの花であることがわかった。

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花 2023年11月2日撮影)

カントウヨメナの葉(カントウヨメナの葉)

カントウヨメナの花を見ていて、花びらは他の野菊に比べて、太いと感じる
また紫色の度合いは、他の野菊に比べて淡い

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花 2023年11月2日撮影)

晩秋・花が極端に少ない時期になると、カントウヨメナの淡い紫色の花は、かなり目立つ

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花 2023年11月2日撮影)

カントウヨメナを含む秋の野菊は、とても綺麗であるが、花が似ていることから、判別に迷ってしまう。
また特徴を覚えていても、1年後に忘れてしまうことはよくある。

カントウヨメナの花は見ごろを迎えていて、被写体を選ぶのに迷うほどであった。

カントウヨメナの花(カントウヨメナの花 2023年11月2日撮影)


スポンサーリンク

カントウヨメナ(キク科)花期9~11月
分布 北海道・本州(静岡県以北)
ヨメナにそっくりだが、花の直径はやや小さく、2.5cmほど。
種子につく冠毛(かんもう)は、ヨメナより短く、ルーペで確認してわかる程度である。
ちなみに冠毛とは、タンポポやアザミなどの果実の上端に生じる毛状の突起をいう。
田のあぜや道ばたなどの湿り気のある場所に生え、高さは60cmほどになる。
葉は光沢があって無毛だが、ヨメナより薄い。
学名のカリメリスは美しい部分という意味で、プセウドヨメナは「ヨメナに似た」という意味である。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村