ダンドボロギクの花を紹介しています。

ダンドボロギクの花を初めて見た日

ダンドボロギクの花を初めて見たのは、2020年9月14日で、場所は東京都町田市神明(しんみょう)谷戸で見ることができた。

ダンドボロギクの花(ダンドボロギクの花 2020年9月14日撮影)

ダンドボロギクの名前の由来

ダンドボロギクの名前の由来は、1933年に愛知県・段戸(だんど)山で発見されたところから名付けられた。
しかし、帰化植物で日本の地名が表記されていることは意外である。

ダンドボロギクの花言葉

ダンドボロギクの花言葉は、「強い心」

ダンドボロギクの生えている場所

ダンドボロギクの生えている場所は、自分が見た限りでは、林下の草が茂っていない場所に生えているのを確認することができた。

ダンドボロギクを見た経験談

2021年9月16日、カラスノゴマの花を目当てに、東京都八王子市の小山内裏公園を訪れた。

小山内裏公園の鮎道を散策しているとき、道沿いに株付きのよい植物が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、ボロギクの仲間であることはわかったが、名前が出てこなかった。
自宅に帰宅して、図鑑やインターネットで調べてみると、ダンドボロギクであることがわかった。

ダンドボロギクの花(ダンドボロギクの花 2021年9月16日撮影)

ダンドボロギクの生えている場所を見ると、他の植物とは別に、草が茂っていない場所に生えていた
ダンドボロギクは、周りに他の植物が侵入すると、姿を消す運命にある。

いままで、他のボロギクを見てきたが、ダンドボロギクは他のボロギクに比べて、株付きが立派な印象を受けた。
しかし、花は地味で目立たないが、先端のクリーム色の部分が個人的に目につくと感じる

ダンドボロギクの花(ダンドボロギクの花 2021年9月16日撮影)

ダンドボロギクの花をコンパクトデジタルカメラで撮影したとき、ピントを合わせるのが難しかった。
今後の宿題として、ダンドボロギクの花をハッキリした被写体で撮影することである。

ダンドボロギクの花(ダンドボロギクの花 2020年9月14日撮影)

ダンドボロギクの葉(ダンドボロギクの葉)


スポンサーリンク

ダンドボロギク(キク科)花期9~10月
北アメリカ原産
高さは70cmほどになり、綿毛のついた種子が遠くまで飛んで分布を広げる。
畑などの隅から山地にかけて生える。
花は上を向いて咲くのが特徴。
都会地などには適応できず、山間部で細々と生きている。
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村