ムサシノキスゲの花ムサシノキスゲに似ている花との違いを紹介しています。

ムサシノキスゲの花を初めて見た日

ムサシノキスゲの花を初めて見たのは、2017年5月5日に、東京都府中市・浅間山公園で見ることができた。

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花 2021年4月19日撮影)

ムサシノキスゲの名前の由来

ムサシノキスゲの名前の由来は、武蔵野(今の埼玉県と東京都・神奈川県の一部を指す)に咲く、ニッコウキスゲであるところから名付けられた。

別名 ムサシノワスレグサ

ムサシノキスゲの花言葉

ムサシノキスゲの花言葉は、「今を生きる」

ムサシノキスゲの生えている場所

ムサシノキスゲの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高の低い丘陵地に群生しているのを確認することができた。

ムサシノキスゲに似ている花

ムサシノキスゲに似ている花との違いをまとめました。

ニッコウキスゲとの違い

厄介なのが、ニッコウキスゲの花によく似ていて、判別が難しいと感じる。

1.花が咲く時間帯

  • ニッコウキスゲ 朝に開いて、夕方にしぼむ
  • ムサシノキスゲ 翌日まで咲く

2.開花時期

  • ニッコウキスゲ 5月終わり~真夏
  • ムサシノキスゲ 4~5月

ニッコウキスゲの花(参考 ニッコウキスゲの花)

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花)

3.葉っぱの幅

ニッコウキスゲより、ムサシノキスゲの葉っぱのほうが太い

ニッコウキスゲの葉(参考 ニッコウキスゲの葉)

ムサシノキスゲの葉(ムサシノキスゲの葉)

4.生えている場所

  • ニッコウキスゲ 標高1000m以上・山地の草原
  • ムサシノキスゲ 標高100mに満たない丘陵地

両者の違いは、開花時期の違い・葉っぱの幅で判別することができる。

ニッコウキスゲの記事はこちらからどうぞ

ハマカンゾウとの違い

厄介なのが、ハマカンゾウに似ていて、判別が少し難しい。

違いはまず生えている場所

  • ハマカンゾウ 海岸
  • ムサシノキスゲ 丘陵地

また花期も違い

  • ハマカンゾウ 8~10月
  • ムサシノキスゲ 4~5月

ハマカンゾウの花(参考 ハマカンゾウの花)

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花)

両者の違いは、上記の2点を確認すれば、間違えることは無い。

ハマカンゾウの記事はこちらからどうぞ

ムサシノキスゲを見た経験談

2021年4月19日、自分が見ている花ブログに、ムサシノキスゲの花が咲き始めたことが掲載されていたので、東京都府中市・浅間山公園を訪れる。
現地に着くと、ムサシノキスゲの花は数株しか咲いていなかった。

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花 2021年4月19日撮影)

ムサシノキスゲのオレンジ色の花を毎回見ていると、季節がもう少しで初夏であることを実感する

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花 2021年4月19日撮影)

ムサシノキスゲは分布域が限られていることもあり、花を何度見ても嬉しいことから、被写体を何度も撮影してしまった。

ムサシノキスゲの花(ムサシノキスゲの花 2021年4月19日撮影)

ムサシノキスゲの葉(ムサシノキスゲの葉)


スポンサーリンク

ムサシノキスゲ(ユリ科)花期4~5月
分布 本州(東京都)
草の高さは60~80cmの多年草。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


おすすめ関連記事

ノカンゾウ