アブラチャンの花を紹介しています。

アブラチャンの花を初めて見た日

アブラチャンの花を初めて見たのは、2018年3月18日で、場所は東京都八王子市の高尾山で見ることができた。

アブラチャンの花(アブラチャンの花 2021年3月11日撮影)

アブラチャンの名前の由来

アブラチャンの名前の由来は、果実や樹皮の油を灯油用に使ったところから名付けられたとされている。

ちなみにチャン瀝青(れきせい)のことで、ピッチやコールタールなどの総称をいう。
しかし、今の時代にピッチやコールタールと言われても頭の中でイメージがわかない。

別名 ムラダチ(群立)は幹が多数生えているところから名付けられたとされている。

アブラチャンの生えている場所

アブラチャンの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高の低い林の下に生えているのを確認することができた。

ダンコウバイとの違い

厄介なのが、同じ仲間のダンコウバイと花がかなり似ていて、区別するのがとても難しい。
違いは花の柄の有無で、ダンコウバイは花に柄が無いのに対して、アブラチャンは花に柄がある

また花の色も微妙に違い、ダンコウバイは黄色であるのに対して、アブラチャンは黄緑色である。

ダンコウバイの花(参考 ダンコウバイの花)

アブラチャンの花(アブラチャンの花)

両者の違いを知るには、現地で植物観察の回数を重ねないと覚えられないと感じる。

ダンコウバイの記事はこちらからどうぞ

アブラチャンを見た経験談

2021年3月11日に、アズマイチゲの花を目当てに東京都八王子市の片倉城跡公園を訪れた。

目的のアズマイチゲの花を見ることができたので、公園内の林の下を散策していると、黄緑色の小さな花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、アブラチャンの花が咲き始めであった。

アブラチャンの花(アブラチャンの花 2021年3月11日撮影)

アブラチャンの花が咲くと、春が始まった実感を持つ。

アブラチャンの花は、名前の由来である油が取れるイメージとかけ離れて、大きさが2mmと小さい。
しかし、早春は周りに落葉樹の葉っぱが無いからか、黄緑色の花が目立つ。

アブラチャンの花(アブラチャンの花 2021年3月11日撮影)

またアブラチャンは、木の構造が複数の幹で構成されているのが特徴なので、花を見たときに覚えやすい。

アブラチャンの木(アブラチャンの木の全体像)

片倉城跡公園のアブラチャンの花は、咲き始めであり、花が小さいからか、撮影のときに被写体をピントに合わせるのに一苦労であった。
無事アブラチャンの花を撮影することができた。

アブラチャンの花(アブラチャンの花 2021年3月11日撮影)


created by Rinker
¥1,199 (2024/07/20 23:13:50時点 楽天市場調べ-詳細)

アブラチャン(クスノキ科)花期3~4月
分布 本州・四国・九州
山野に生える雌雄異株の落葉低木。
高さは4mほどになる。
沢沿いや氾濫原(はんらんはら)などに多い。
樹皮は赤みの強い褐色で小さな皮目が点々とついている。
細かく枝を分け、葉が出るより先に花を咲かせる。
雄花は黄色みが強く花の固まりがやや大きく、雌花は緑ががった黄色で花の固まりが小さい。
花がぽろぽろと散り始める頃に葉が伸びだしてくる。
果実は球形で秋になると不規則に裂ける。
(山渓フィールドブックス 樹木春夏編参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村


スポンサーリンク