イヌヌマトラノオの花イヌヌマトラノオに似ている花との違いを紹介しています。

イヌヌマトラノオの花を初めて見た日

イヌヌマトラノオの花を初めて見たのは、2024年7月4日に、神奈川県・箱根湿性花園で見ることができた。

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

イヌヌマトラノオの名前の由来

イヌヌマトラノオの名前の由来は、ヌマトラノオに似ていて、違うことから「似て非なるもの」「非(いな)」が訛(なま)って、イヌになった。

ちなみにイヌヌマトラノオは、オカトラノオとヌマトラノオの中間雑種

イヌヌマトラノオの花言葉

イヌヌマトラノオの花言葉は、「たくましい」

イヌヌマトラノオの生えている場所

イヌヌマトラノオの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい湿地に群生しているのを確認することができた。

イヌヌマトラノオに似ている花

イヌヌマトラノオに似ている花との違いをまとめました。

オカトラノオとの違い

厄介なのが、オカトラノオによく似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは生えている場所

  • オカトラノオ 丘陵地の林下
  • イヌヌマトラノオ 日当たりのよい湿地

オカトラノオの花(参考 オカトラノオの花)

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

両者の違いは、生えている場所を確認すれば、間違えることは無い。

オカトラノオの記事はこちらからどうぞ

ヌマトラノオとの違い

厄介なのが、名前が被っているヌマトラノオによく似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは花の付き方

  • ヌマトラノオ 直立する
  • イヌヌマトラノオ 少し曲がる

ヌマトラノオの花(参考 ヌマトラノオの花)

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

両者の違いは、花の付き方を確認すれば、間違えることは無い。

ヌマトラノオの記事はこちらからどうぞ

イヌヌマトラノオを見た経験談

イヌヌマトラノオの名前を知ったのは、2024年6月に、自分が見ている花ブログである。
オカトラノオやヌマトラノオは知っていたが、イヌヌマトラノオは初耳であった。

2024年7月4日、ミズチドリの花を目当てに、神奈川県・箱根湿性花園を訪れる。
園内・仙石原湿原植生復元区をウロウロしていると、オカトラノオに似た花が目に飛び込む。
よく見ると、生えている場所が日当たりのよい湿地で、花の付き方が少し曲がっていることから、イヌヌマトラノオの花であることがわかった。

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

イヌヌマトラノオの花を初めて見たとき、名前や特徴を知らないと、オカトラノオの花と思ってしまう。
しかし、イヌヌマトラノオは白色の花で、たくさん咲いている姿は目につきやすい

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

イヌヌマトラノオの群落(イヌヌマトラノオの群落)

ちなみに箱根湿性花園は、イヌヌマトラノオとヌマトラノオが同じ場所に生えているので、両者の違いを理解するには、ちょうど良い場所である。

イヌヌマトラノオの花は咲き始めであり、咲いている株を選んで、撮影することができた。

イヌヌマトラノオの花(イヌヌマトラノオの花)

イヌヌマトラノオの葉(イヌヌマトラノオの葉)


スポンサーリンク

イヌヌマトラノオ(サクラソウ科)花期6~7月
分布 本州・四国・九州
草の高さ60~100cm。
オカトラノオとヌマトラノオの両方の形質を持っているので、個体により、やや変異がある。
花の大きさは5~6mm。
オカトラノオよりも花は密にならない。
苞(ほう)は狭い披針形で、花柄の長さと同じか少し長い。
ちなみにとは、花の根元につく小形の葉をいう。
下から上に開花していくが、苞も花柄と共に長さが変化している。
葉の縁は波打って、突起がある。
葉腋(ようえき)付近がやや赤くなる。
ちなみに葉腋とは、茎や枝で、葉の付け根のすぐ上の部分をいう。


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村