クサネムの花を初めて見たのは、2017年8月27日で、場所は千葉県山武市で見ることができた。

クサネムの名前の由来は、同じ仲間の樹木のネムノキに葉の形が似ているところからきている。

クサネムは水田などの隅に生えている。
クサネムの花は日中は開いているが、暗くなると閉じてしまう。
またクサネムの花は意外と大きく見える。
花の色がクリーム色ということもあることで、花が大きく見えると感じる。

また同じ仲間のカワラケツメイと花や葉の形がかなり似ている。
ましてや咲いている場所にクサネムとカワラケツメイ両方生息していたので、最初に植物観察をするときは判別するのに少し迷う。

自分の所有している図鑑では花が目立たないことが記載されているが、1株ポツンと咲いていたのでかえって目立った。
2019年9月8日に、再び千葉県山武市を訪れた際に、クサネムの花が咲いていたので、改めて撮影することができた。

 クサネム(クサネムの花 2019年9月8日撮影)

スポンサーリンク

クサネム(マメ科)花期8~10月
分布 日本全土
葉の形が樹木のネムノキに似ているのでこの名がある。
放棄水田や河岸などの湿地に生え、高さは80cmほどになる。
茎の上部で分枝する。
花は葉の付け根に咲き、長さは1cmほどで、
旗弁の基部に赤褐色の斑点がある。
ひょろりと頼りなげに伸びて他の草に紛れてしまうので、
花はあまり目立たない。
葉裏が白っぽく、
わずかな風にも揺れ動くので花より葉のほうが人目をひく。

夜になると葉を閉じて睡眠活動をする。
花言葉は「厄介な」
(山渓フィールドブックス 秋の野草参照)