オオダイコンソウの花を紹介しています。

オオダイコンソウの花を初めて見た日

オオダイコンソウの花を初めて見たのは、2022年8月22日で、場所は山梨県北杜市の美し森山で見ることができた。

オオダイコンソウの花(オオダイコンソウの花)

オオダイコンソウの名前の由来

オオダイコンソウの名前の由来は、根元にある葉っぱの形が野菜のダイコンに似ていて、植物全体がダイコンソウより大きいところから名付けられたとされている。

オオダイコンソウの生えている場所

オオダイコンソウの生えている場所は、自分が見た限りでは、標高1000m前後の山地に生えているのを確認することができた。

ダイコンソウとの違い

厄介なのが、同じ仲間のダイコンソウに花がかなり似ていて、植物観察を始めたころは判別するのが難しい。

違いはまず花の大きさで、ダイコンソウは直径1.2~1.8cmであるのに対して、オオダイコンソウは1.5~2cmである。
また草の高さも違い、ダイコンソウは25~60cmであるのに対して、オオダイコンソウは60~100cmである。
さらに生えている場所も微妙に違い、ダイコンソウは低山に生えているのに対して、オオダイコンソウは標高1000m前後の山地に生えている。

両者の違いを知るには、まずダイコンソウの花をしっかり見て、あとでオオダイコンソウの花を見ると、植物全体の大きさの違いがわかるので、理解しやすい。


オオダイコンソウを見た経験談

2022年8月22日に、山の花を探しに山梨県北杜市の清里周辺を訪れた。
清里周辺の美し森山を散策しているときに、道ばたにダイコンソウの花に似た花が目に飛び込んできた。

近づいて見ると、ダイコンソウの花にしてはかなり大きく感じる。
念のため美し森山のダイコンソウをインターネットで調べてみると、やはりオオダイコンソウの花であることがわかった。

オオダイコンソウの花(オオダイコンソウの花)

オオダイコンソウの花を初めて見たときは、写真ではわかりづらいが、植物名の頭に「オオ」がつくほどダイコンソウより大きく感じた。

またオオダイコンソウはダイコンソウより、標高の高い場所に生えている。
さらに植物全体を見ても、ダイコンソウよりオオダイコンソウのほうが大きい。

オオダイコンソウの花を見たときは、山の花に出会えて嬉しい思いで、被写体を撮影した。
しかし花が明るい黄色で目立つにも関わらず、美し森山を訪れた人の目の留まることはなかった。

無事オオダイコンソウの花を撮影することができた。

オオダイコンソウの花オオダイコンソウの花(上の2点ともオオダイコンソウの花)

オオダイコンソウの葉(オオダイコンソウの葉)


スポンサーリンク

オオダイコンソウ(バラ科)花期6~9月
分布 北海道・本州(中部地方以北)
山地に生える多年草。
全体に毛がある。
根元の葉っぱは奇数羽状複葉。
頂小葉(ちょうしょうよう)は大きく、先はとがり、粗い歯牙(しが)がある。
ちなみに頂小葉とは羽状複葉の先端にある葉っぱをいい、歯牙とは歯や牙をいう。
側小葉(そくしょうよう)は3~4対で、小付属片がある。
ちなみに側小葉とは羽状複葉の両側にある葉っぱをいう。
茎の葉は3小葉。
托葉(たくよう)は大きい。
ちなみに托葉とは葉の柄の基部付近にある葉の部分をいう。
枝先に黄色の5枚の花びらをつける。
果実は楕円形で、長さ約2cm。
(山渓ハンディ図鑑 山に咲く花参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村