アケボノスミレの花を紹介しています。

アケボノスミレの花を初めて見た日

アケボノスミレの花を初めて見たのは、2022年5月3日で、場所は山梨県富士吉田市の杓子山で見ることができた。

アケボノスミレの花(アケボノスミレの花)

アケボノスミレの名前の由来

アケボノスミレの名前の由来は、花の色を夜明けの空に例えて名付けられたとされている。
名前の由来を知ると、アケボノスミレの名前を最初に名付けた人はロマンチストだなぁと感じてしまう。

アケボノスミレの生えている場所

アケボノスミレの生えている場所は、自分が見た限りでは、雑木林の下のやや日当たりのよい場所に生えているのを確認することができた。

アケボノスミレを見た経験談

2022年5月3日に春の花を探しに、山梨県富士吉田市の杓子山に登山に出掛けた。
途中の大権首峠(おおざすとうげ)を経由して、杓子山の頂上へ向かう途中の林の下で、ピンク色のスミレの花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、アケボノスミレの花がまさに見ごろであった。

アケボノスミレの花(アケボノスミレの花)

まずスミレの花は基本的に紫色のものが多いが、アケボノスミレの花はピンク色なので、間違えることはまず無い。
またアケボノスミレの花が咲くころに、葉っぱが完全に開いていないのも特徴である。

アケボノスミレの葉(アケボノスミレの葉)

アケボノスミレの花を初めて見て思ったことは、本当にピンク色が目立つのが印象に残った。
またアケボノスミレの名前の由来である空の様子から名付けたと考えると、花が小さいながらも面白い花だと感じた。

スポンサーリンク


アケボノスミレの花が林の下にところどころ咲いていたので、被写体を選びながらの撮影となった。
無事アケボノスミレの花を撮影することができた。

アケボノスミレの花アケボノスミレの花(上の2点ともアケボノスミレの花)

created by Rinker
¥275 (2024/05/21 09:05:54時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

アケボノスミレ(スミレ科)花期3~5月
分布 北海道・本州・四国・九州
早い時期だと地面から花柄(かへい)だけが伸びて花をつけ、葉が1枚も無いこともある。
ちなみに花柄とは花を支える茎の部分をいう。
日当たりのよい山地に生え、高さは15cmほどになる。
草原などのほか、砂礫地(されきち)などでもよく見かける。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村