ヒロハノアマナの花を紹介しています。

ヒロハノアマナの花を初めて見た日

ヒロハノアマナの花を初めて見たのは、2019年3月20日で、場所は東京都清瀬市の中里緑地保全地域で見ることができた。

ヒロハノアマナの花(ヒロハノアマナの花 2022年3月25日撮影)

ヒロハノアマナの名前の由来

ヒロハノアマナの名前の由来は、同じ仲間のアマナに似て、アマナの葉っぱより幅が広いところから名付けられたとされている。

図鑑によっては、ヒロハアマナで紹介されているものもある。

ヒロハノアマナの生えている場所

ヒロハノアマナの生えている場所は、自分が見た限りでは、日当たりのよい草むらに群生して生えているのを確認することができた。

しかし、ヒロハノアマナは珍しい植物なので、日本全国に隔離分布している。

アマナとの違い

厄介なのが、同じ時期に花が咲くアマナと、花がかなり似ているため判別に迷ってしまう。
違いは葉っぱの特徴で、アマナは葉っぱが細いのに対して、ヒロハノアマナの葉っぱは中央に白いすじが入っている。

ヒロハノアマナの葉(ヒロハノアマナの葉)

アマナの葉(参考 アマナの葉)

また、植物観察をしていて、アマナの花より、ヒロハノアマナの花のほうが少し大きい気がする。
両者の違いに迷ったときは、葉っぱを見れば迷うことは無い。

アマナの記事はこちらからどうぞ

ヒロハノアマナを見た経験談

2022年3月25日に天気が晴れていたので、もしかしたらヒロハノアマナの花が咲いていると思い、再び清瀬市の中里緑地保全地域を訪れた。

現地に着いて、ヒロハノアマナの花を探すと、着いた時間が早かったせいか、ヒロハノアマナの花が開いているものが少なかった。

現地のボランティアのスタッフの話を聞いてみると、やはり時間が早かったことと、ヒロハノアマナの花が最盛期を過ぎていたことを伺うことができた。
スタッフの人と話をしていて、少し時間が経ったので、もう1度ヒロハノアマナの花を探すと、開いている株があった。

ヒロハノアマナの花(ヒロハノアマナの花 2022年3月25日撮影)

ヒロハノアマナの花を見て思うことは、ヒロハノアマナを含めたアマナの仲間は天気が晴れた日で無いと花が開かない。
植物観察をしていて、ヒロハノアマナはいつも気難しいと感じてしまう。

ヒロハノアマナの花が完全に開いたときは、嬉しいことや花が白色ということもあり、可愛い印象を受ける

ヒロハノアマナの花(ヒロハノアマナの花 2022年3月25日撮影)

ヒロハノアマナは早春植物(スプリング・エフェメラル)なので、初夏になると、植物全体が地上から姿が消える。

また、ヒロハノアマナは珍しい植物なので、自分が知っている限り、清瀬市だけでしか見たことが無い。
現地のボランティアのスタッフの保護活動の甲斐があって、ヒロハノアマナの花を見ることが出来ている。
いつまでも、ヒロハノアマナの花が見られる環境が残ってほしいと願うばかりである。

ヒロハノアマナの花が少し咲いていたので、なんとか撮影した。
無事ヒロハノアマナの花を撮影することができた。

ヒロハノアマナの花(ヒロハノアマナの花 2022年3月25日撮影)


スポンサーリンク

ヒロハノアマナ(ユリ科)花期3~4月
分布 本州(関東~近畿地方)
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
水田や河原の土手などの湿り気がある場所を好むが、石灰岩地では落葉樹の下などにも生えている。
地上生活がわずか3か月の春植物である。
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村