クゲヌマランを初めて見たのは、2020年5月3日で、
場所は多摩丘陵で見ることができた。

クゲヌマランの生育環境は雑木林の下で生えているのを確認している。
クゲヌマランは同じ仲間のギンランにとても似ていて、最初のころは違いを判別するのに迷ってしまう。
違いはギンランは唇弁(しんべん)の距(=でっぱり)があるのに対して、クゲヌマランは唇弁に距が無い。
ちなみに唇弁とはくちびる状の花びらを指し、ラン科の花の特徴である。

クゲヌマランの「クゲヌマ」は神奈川県藤沢市鵠沼(くげぬま)の地名からの由来である。

撮影したクゲヌマランの写真は最初はギンランではないかと首をかしげた。
コンパクトデジタルカメラに撮影した被写体をズームで見ると、距が全く無かったので、クゲヌマランと断定するに至った。

 

クゲヌマランクゲヌマランクゲヌマラン(上の3点ともクゲヌマランの花 2020年5月3日撮影)

スポンサーリンク



クゲヌマラン(ラン科)花期4~6月
分布 北海道・本州・四国・九州
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
草丈10~30cmの多年草。

葉は狭長楕円形で長さ3~8cm、幅1~3cm。
先は尖り、基部は茎を抱いて無毛。
花は白色でギンランによく似ている。
違いは唇弁基部の距が浅く突出しないこと。