ネコノメソウの花を紹介しています。

ネコノメソウの花を初めて見た日

ネコノメソウの花を初めて見たのは、2021年3月30日で、場所は東京都八王子市の片倉城跡公園で見ることができた。

ネコノメソウの花(ネコノメソウの花)

ネコノメソウの名前の由来

ネコノメソウの名前の由来は、裂けて開いた果実を、昼間のネコの目の閉じた瞳孔(どうこう)に例えたところから名付けられたとされている。
ちなみに瞳孔とは目の黒い部分をいう。

ネコノメソウの生えている場所

ネコノメソウの生えている場所は、自分が見た限りでは、湿り気のある場所に群生して生えているのを確認することができた。

ヤマネコノメソウとの違い

厄介なのが、同じ仲間のヤマネコノメソウと花付きがかなり似ていて、判別に迷ってしまう。
違いはまず葉っぱの付き方で、ヤマネコノメソウは互生であるのに対して、ネコノメソウは対生である。
また毛の有無にも違いがあり、ヤマネコノメソウはまばらに毛が生えるのに対して、ネコノメソウは無毛である。

実際に植物観察を何回もこなすと、ヤマネコノメソウは植物全体が緑色であるのに対して、ネコノメソウは黄色がかなり強いことがわかる。

ヤマネコノメソウの記事はこちらからどうぞ

ネコノメソウを見た経験談

2021年3月30日にヤマブキソウの花が咲いているかも知れないと思い、片倉城跡公園に足を運んだ。
無事にヤマブキソウの花を見ることが出来たので、公園内を散策していると、水車小屋近くの湿地ネコノメソウらしき仲間の花が目に飛び込んできた。
近づいて見ると、最初はヤマネコノメソウの花かなぁ思った。

しかし、花の雰囲気をよく見ると黄色が強く、葉っぱの付き方は対生であったので、ネコノメソウであることがわかった。

ネコノメソウの花(ネコノメソウの花)

ネコノメソウの花は、ヤマネコノメソウの花が緑色であるのに対して、花の中心部が黄色である。
またネコノメソウは群生して生えているので、花を見ていると目につきやすい。

初めてネコノメソウの花を見たことに興奮を覚え、カメラで撮影しやすい角度で撮影した。
無事ネコノメソウの花を撮影することができた。

ネコノメソウの花(ネコノメソウの花)


スポンサーリンク

ネコノメソウ(ユキノシタ科)花期4~5月
分布 北海道・本州
山地の谷川や湿地など清流のほとりに生え、高さが10cmほどになる。
雄しべが4個あるのが特徴であるが、量的には少ない。
花言葉は「謙虚」や「誠実」
(山渓フィールドブックス 春の野草参照)


今回の記事が参考になったら応援クリックをお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村