シキザクラの花ジュウガツザクラとの違いを紹介しています。

シキザクラの花を初めて見た日

シキザクラの花を初めて見たのは、2022年12月18日で、場所は神奈川県横浜市緑区・四季の森公園で見ることができた。

シキザクラの花(シキザクラの花)

シキザクラの名前の由来

シキザクラの名前の由来は、春と秋に開花することから名付けられた。
シキザクラ(四季桜)は漢字表記のように、季節を選ばず、開花することでは無い。

シキザクラの花言葉

シキザクラの花言葉は、「純潔」

シキザクラの植えられている場所

シキザクラの植えられている場所は、自分が見た限りでは、公園樹として植えられているのを確認することができた。

ジュウガツザクラとの違い

厄介なのが、ジュウガツザクラの花に似ていて、判別が難しいと感じる。

違いは花の咲き方

  • ジュウガツザクラ 半八重咲き
  • シキザクラ 一重咲き

ジュウガツザクラの花(参考 ジュウガツザクラの花)

シキザクラの花(シキザクラの花)

両者の違いは、花の咲き方を確認すれば、間違えることは無い。

ジュウガツザクラの記事はこちらからどうぞ

シキザクラを見た経験談

2022年12月4日、東京都三鷹市・野川公園でジュウガツザクラの花を観察し、ジュウガツザクラの特徴を掴むため、インターネットで調べる。
すると、シキザクラの名前が目にとまった。

シキザクラが自宅近くにあるか、インターネットで調べると、神奈川県横浜市緑区・四季の森公園が候補に挙がり、早速現地に向かう。

四季の森公園に着いて、サクラの谷に差し掛かると、遠目からサクラらしき花が目に飛び込む。
近づいて見ると、木の下にシキザクラの説明板があったことから、シキザクラの花であることがわかった。

シキザクラの花(シキザクラの花)

シキザクラの説明板(シキザクラの説明板)

シキザクラの花を初めて見たとき、今まで見た寒桜(かんざくら)類で、一重咲きのものはヒマラヤザクラ以来であった。
またシキザクラの花が一重咲きという特徴から、清楚で綺麗だなぁ」と感じる

シキザクラの花(シキザクラの花)

シキザクラは名前の由来の「四季」と違い、春・晩秋~初冬にしか花は咲かない

シキザクラの花は見ごろを過ぎていたが、咲き残りの花もあり、太陽の光を調整して、撮影することができた。
またシキザクラの木の隣に、ジュウガツザクラの木が植えられていて、両者の違いを深めるのはいい場所であった。

シキザクラの花(シキザクラの花)

シキザクラの木の全体像(シキザクラの木の全体像)


スポンサーリンク

シキザクラ(バラ科)花期3~4月・10~12月
エドヒガン系のなかで、コヒガンの栽培品種・マメザクラとエドヒガンを交雑した雑種である。
春・秋から冬にかけて咲く二季咲きであり、広義の冬桜の1つである。
樹形は傘状で、木の高さは5mの亜高木。
一重咲きで淡い紅色の小輪の花をつける。
春は開花と同時に葉の芽を出し、秋は葉が落ちる時期に開花する。
春のほうが花は大きい。
(ウィキペディア参照)


今回の記事が参考になれば、応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村